本文へ移動
2019年9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  • 定休日・臨時休業日
  • 相談会開催日
  • 見学会

引渡完成保証

引渡完成保証とは、住宅建設途中に工務店が倒産した場合などに、住宅の完成までを保証する制度です。

お客様の安心の為、万が一を保証いたします。

工務店が『もしも』のとき、引き継ぎ工務店の選定・移行、追加費用の負担を行い、『住宅を完成させることを目的とする』、「役務保証」が基本となります。

着工してから完成までに万が一、工務店に『もしも』という場合、引渡完成保証をつけておけば、完成が保証されますが、保証の仕方も「お金での保証」と建物完成を約束する「役務保証」があります。

お金をもらったとしても、その後の工事再開の手配をお客様でやることは大変です。

あとを引き継ぐ工務店が見つからなかったり、それによって建物完成までの予算が不足してしまう恐れがあります。

「役務保証」であれば、引継ぎの工務店をお探しし、建物を完成させてお客様へお引渡しまでを保証させていただきます。

当社が加入する「引渡完成保証」は「役務保証」です。

 

(※引渡完成保証はオプションで付けることができます。)

 

 

地盤保証

地盤保証とは、万が一地盤に起因する不具合が起こった場合、保証機関が責任を持って地盤・建物の現状回復にかかる費用を保証するという保険のことです。

住宅を新築するに当たり、この保険に加入する場合、地盤調査結果を保証機関に提出する必要があります。

 

地盤調査とは、建築物の着工に先立ち、お客様の土地を地質学的と土質工学的に調べることです。

つまり、その土地が建物をしっかりと支える強さを持っている地盤なのか調べるわけです。

住宅建設の地盤調査は、地盤が建築物を安全に支持できるか、支持するためにはどの程度の不同沈下が予想されるのか、また、支持できない場合は安全に支持するための方法を技術的に調べることを目的として調査します。

 

調査方法には、ボーリング、サウンディング、サンプリング、土質試験などがあります。

住宅の地盤調査としては、先端がスクリュー状になった棒を回転貫入させるスウェーデン式サウンディング方式が一般的です。

地盤調査をすることにより、軟弱地盤であることが判明したら、地盤が安全に建物を支持できるように地盤改良工事を行う必要があります。 

住宅瑕疵担保責任保険

特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律(住宅瑕疵担保履行法)が平成21年10月1日に全面施行され、住宅取得者保護のため新築住宅を供給する建設業者または宅地建物取引業者には資力確保措置として保険加入または保証金供託が義務づけられます。

新築住宅の『構造耐力上主要な部分』と 『雨水の浸入を防止する部分』に瑕疵(欠陥)があった場合に、それを修繕するための資金力の確保を住宅会社に求めています。

資力確保の手段の一つが、瑕疵担保責任保険への加入です。

TOPへ戻る