本文へ移動
2019年8月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  • 定休日・臨時休業日
  • 相談会開催日
  • 見学会

05.T様ファミリーのおはなし

新しい住まいづくりのきっかけは?
 家づくりのきっかけは子供の小学校入学が目前に迫ってきたこと。あと、アパートが狭いってこともあったし、湿気が多くて買ったばかりの布団にすぐカビが生えちゃって。それとキッチンまわりの狭さ。つくった料理も置くところがなくて、電子レンジの上に置かないといけないくらい。そんな不満もあって、やっぱり家がほしいなって。
 
 はじめは福井や滋賀のハウジングパークに何回も行って、大きすぎるモデルハウスばっかり見てまわりました。どれも豪邸で、自分たちが思ってた家の2倍くらい。リビングもドーンって感じで。そこでは金額を見てないからこれぐらいが普通なのかなって思っちゃって。でも、だんだんわかってきたんです。やっぱりこれは違うんだってね。
 そんな中、チラシを見て藤本工務店さんを知りました。チラシに載ってた家の雰囲気がよかったので見に行きたいって思って、すぐに見学会に参加しました。家族ぐるみの工務店さんで親しみやすかったです。子供たちもスタッフの方にすごくなついてくれましたし。
 
藤本工務店で建てようと思った決め手は?
 家の雰囲気が好きだったからとか色んな理由があるんですが、子供たちが何より工務店さんの所に行きたがってたからかな。「今日は工務店さんのとこ行かんのー?行かんのー?」って(笑)。普段は人見知りする子供たちも全然平気で、安心して預けられました。一番不安だった住宅ローンについても資金計画セミナーがあったし、家のつくり方とか構造のこととか、何も知らない私たちに丁寧に教えてくれました。
 
 
家づくりを振り返って、思い出や楽しかったことは?
 私たちは、ここまで来るのに結構長かった方なのかな?と思います。実は、結婚してすぐに家の話はしてたんです。でも夫婦で全然好みが違ってたから、「私たちには家づくりなんて無理!」「絶対まとまらない!」って思ってたんですよ。意見が何一つ合わなくて喧嘩になるから、そのうち家の話はしなくなって・・・。なのに、打ち合わせがスタートしてから、気付かない間に上手くまとまってました。最初は主人も無機質でスタイリッシュな感じだけは絶対に譲らないって言ってたのに、あれ?、あれ?っていう風にナチュラルな感じになっていって。多分、工務店さんのショールームを見てナチュラルの良さに気付いてくれたんだと思います。私は昔からずっとナチュラルを押してたので「よしっ!」って感じでした(笑)。だけど主人は色だけはダーク系っていう絶対的なこだわりがあったので、そこは私が譲りました。
 楽しかったことは、打ち合わせです。色々無理言ってるのに、しっかり聞いてくれて、次の打ち合わせの時にはそれが全部形になってくれてて。それを見るのが楽しくて楽しくて。自分たちの想いが形になってるって実感がありました。すっごく感謝しています。言いづらかったことも聞いてくれたので何でも素直に言えたり安心感もあって。
 そういう意味では、当初話を進めていたメーカーさんはイマイチでした。言いにくい雰囲気で、何も言えなくて。こうしたい!って思ってても、意見を飲んだり。あのまま建ててたら、結局住んだときに「やっぱり・・・」って思ってたかも。
 仕様を決める時は悩んだし、結構難しかったけど、家が出来ていく過程も楽しかったです。主人も私も家が完成するのが楽しみで、毎日図面を見ていました。
 一番の思い出は上棟式かな。平日にも関わらず、親戚みんな来てくれましたから。
 
これから家づくりをする方にメッセージをお願いします。
 これから家づくりを始める方に言いたいのは、「自分たちの想いは隠さず伝えた方がいい!」ってことです。言いたくても言えない人って結構多いと思います。で、家に帰ってから「ホントはこうしたい!」ってゴニョゴニョ言うみたいな(笑)。あとは色んな家を見た方がいいかなって。豪邸みたいなモデルハウスばっかりじゃなくて、実際に住む等身大の家を。以前の私たちがそうだったように・・・。
 
TOPへ戻る