本文へ移動
2019年6月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  • 定休日・臨時休業日
  • 相談会開催日
  • 見学会

無垢の構造材

構造材とは家の骨組みとなる部分のことで、柱や梁のことを指します。

現在、日本の木造住宅の多くが集成材を使用していますが、当社では構造材にもこだわり、無垢の構造材を標準仕様としています。

 

ここで集成材を使用した場合、木の特性である「ねじれ」が少なく、小さな断面でも高い強度が得られるため、安価で大量に消費する日本の住宅産業にとっては都合の良い材料と言えます。

ただし、接着剤を使って圧着してつくられているので、ホルムアルデヒドなどの化学物質を含んでいますし、接着面からの剥離の危険性や、長い年数使用した場合の強度低下も否めません。

一方、無垢の構造材は、文字通り天然の木材を使用しているので、どうしても多少のねじれが生じます。

 

しかし、天然木ならば化学物質による室内汚染の心配はありませんし、時間がたっても強度は低下せず、むしろ少しづつ増していく特性を持っています。

世界最古の木造建築である法隆寺は今から1300年前に建てられたものですが、このような国宝も無垢の構造材により支えられているのです。

 

高温多湿な日本の風土に合った天然木を使うことが、安心・安全な家づくりにはかかせないと当社は考え、無垢の構造材を標準仕様としています。

TOPへ戻る